HOME >> シンポジウム情報 >> 夢工房シンポジウム

NPO法人文化財夢工房シンポジウム

予稿集をダウンロードしてご覧いただけます。 
>> NPO法人文化財夢工房シンポジウム 予稿集(PDF文書、475KB)
会場地図 日時 : 平成20727日 (
        開場 12:30  開演 13:00  終演 16:10
会場東京国立博物館・大講堂 (東京都台東区)
<収容350名:入場無料(事前申込先着順)>
■ シンポジウム当日の様子 
  •  NPO法人文化財夢工房シンポジウムは2008年7月27日、東京国立博物館平成館大講堂にて開催されました。多数の方にご来場をいただきましたこと、御礼申し上げます。
     東京国立博物館西門  基調講演 「文化財の保護とサポーターの役割」
     会場の様子  講演 「文化財の保存と活用 イタリアの事例を主に」
     (写真をクリックすると拡大表示します。)
■ プログラム
13:00〜13:10開会挨拶
三輪 嘉六(NPO法人文化財夢工房理事長)
13:10〜13:50基調講演 「文化財の保護とサポーターの役割」
亀井 伸雄(前文化庁文化財鑑査官)
13:50〜14:20講演 「文化財の保存と活用 イタリアの事例を主に」
内田 俊秀(京都造形芸術大学教授)
14:20〜14:40休 憩
14:40〜15:10講演 「御神宝を護る心」
味酒 安則(太宰府天満宮)
15:10〜15:40講演 「宇都宮市文化財ボランティアの活動」
宇都宮市文化財ボランティア協議会(発表者:会長・上野とも子)
15:40〜16:10講演 「自然災害からの文化財の救済支援」
奥村 弘(神戸大学教授)